配達が基本

お子様の飲料の添加物が気になる方にウォーターサーバー

お子様をお持ちの方は、飲水にも関心が深いと思います。
水の中に含まれている物質が子供の健康に害にならないかが主な関心事でしょうが、今では、福島の原発事故で拡散された放射性物質による内部被曝を心配するお母さんも多いことでしょう。
ウォーターサーバーの業者は、自社の供給している水に関しまして、その(ミネラルなどの)成分や軟水、硬水の別(水の硬度)などを公開していますので、人工的な添加物の入っている飲み物のとは違って安心できます

また、原発事故による放射性物質についても(ガンマ線スペクトロメーターによって測定できる)ヨウ素131、セシウム134、セシウム137(自然界に一定量あるカリウム40も)は、比較的簡単に測定できますので、ウォーターサーバーの業者の中には、こちらの検査も行なっていて明示してあるところもあります。
飲み物や食品に含まれる人工的に作られた添加物は、その数も多く、人体への影響も明らかに悪いとわかっているもの以外では使われることも多いのが実情です。
また、日本とEUあるいはアメリカなどとでは、禁止されている添加物の種類に違いがあり、例えば、EUでは禁止されているにも関わらず日本では普通に使われている添加物もあります。

小さいお子様の場合には、このような添加物がアトピーなどの原因ではないかといわれたりしますが、企業の収益を優先しますので、なかなかなくなることはないでしょう。
飲み水に関しては、ウォーターサーバーの業者が提供している水は成分もはっきりしていますし(極端な硬水でなければ)お子様も安心して飲むことができます。
また、放射性物質に関しましても、RO膜水では、製造過程でそのほとんどが除去されますし、天然水では、遠い昔に作られた水を採取していますので、まず安全であるといえます。
お子様の放射性物質による内部被曝が心配な時には、尿検査が有効でしょう。
いまでは、民間で無料または有料(1万円くらいのところがあります)で(医学的でない検査を)行なっているところがあります。

Copyright(C) 2013 水から健康な生活を All Rights Reserved.